ハイドロキノンでシミのない肌へ

ハイドロキノンはメラニン色素の産生を抑えてくれる働きや、シミを薄くしてくれるなどといった効果があります。そんなハイドロキノンの美白効果とはどのようなものなのでしょうか?

美白にはレモン美肌とウォーターゲルとハイドロキノン

肌のくすみが気になった時に、自宅で手軽にできる方法がレモン美肌の美白です。レモンにはビタミンCがたっぷり含まれているので、肌を白くする作用が期待できます。また、レモンに含まれているクエン酸には古い角質を取り除く働きがあります。そして爽やかな香りがリラックス効果を生み出します。レモンは柚子湯のようにお風呂に入れておくと、簡単にレモン美肌作りが行えます。ただ、レモンは酸性が強いため、直接肌に乗せてしまうと刺激が強く、美白効果どころか肌荒れの原因になることもあります。また、レモンに含まれるソラレンという成分は紫外線の反応を高めるため、レモン美肌をつくる時には直接肌に付けず、お風呂などで間接的にエキスを使用してください。
美白成分として注目されているアルブチンは厚生労働省に認可されていて、化粧品などにも多く使用されています。アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖で構成され、ハイドロキノンを単体で使用するよりも肌に優しい使い心地になっていますが、美白効果はハイドロキノンよりも抑えられています。市販の美白クリームなどでは、ウォーターゲルにアルブチンを配合した物などがあり、刺激のあるハイドロキノンを肌に取り込みやすくなっています。ウォーターゲルは肌への馴染みもよく、シミ対策として毎日継続したお手入れをしたい時に向いています。シミ対策を集中的に行いたい時は、ハイドロキノンのみを配合したウォーターゲルを利用すると、さらに高い美白効果が期待できます。ハイドロキノンにはメラニンの抑制と色素を作るメラノサイトを減少させる働きがあるとされ、定期的な利用でシミやくすみの予防対策になります。ハイドロキノンは配合されている濃度によって刺激や効果が変わってくるので、肌質にあった濃度を選んでください。